Biography

スイスを拠点とする未来的サウンドを有するSybreedは2003年にギタリストのDropとヴォーカルのBenjaminによって結成され、2004年にデビュー・アルバム“Slave Design”をリリース。アンダーグランド・シーンで好評を得ました。
ファンの間でマイルストーンと評される3rdアルバム“The Pulse of Awakening”では、彼らが「デス・ウェーヴ」と呼ぶサイバー・メタルの洗礼を楽曲に施し、それを機に音楽的な可能性をより高める事と同時に、世界的な知名度を獲得しました。
2012年には、FEAR FACTORYやPARADISE LOST、CONJURE ONEなどを手がけるRhys Fulberをアレンジ&ミックスのエンジニアに迎え、数ヶ月間をスタジオワークに費やした4thアルバム“God is an Automaton”を完成。
そのメタル/デジタルのハイブリッドな世界観から、間違いなく彼らの最高傑作となっています。

PAGE TOP