Ibanezは常に時代のトレンドを追いながらその時代のニーズにあったベースを提供し、ベーシストのクリエイティヴィティを刺激してきました。その探求の過程の中で、時には時代を遡ることもあります。SR Crossoverもそうした過程を経て生まれました。ショートスケールの6弦ベースはミュージシャン達の実験精神の高まりがピークを迎えていた60年代後半にポピュラーなものでした。SR Crossoverは当時のスピリットはそのままに、現在のスタイルと融合させ、ベースライクな音作りながらもギターとのクロスオーバーを図ったモデルです。

  • SRC6 WNF
  • img01

  • img01

    6弦のテンションを考慮し、曲げや衝撃に対する強度に優れたジャトバ材を、ブビンガ材とラミネートした5ピースのネックを採用。メローで丸いトーンを生み出すブビンガ材を取り入れることで音質面においてもこのユニークな楽器に最適なネックとなっています。

  • img01

  • img01

    現代のベースに多く見られる34インチではなく、60年代の6弦ベースで多く見られた30インチ・スケール(現在ではショート・スケールと呼ばれる)を採用。このことにより、ベーシストのみならず、ベースを兼任するエレキギタープレイヤーにとっても弾きやすいモデルとなっています。

  • img01

  • img01

    ギターの1オクターブ下、ギター同様1弦-6弦:E – Eでチューニングされています。このチューニングが新たな表現の幅をもたらします。

  • img01

  • img01

    ブリッジには、ベース・プレートにサドルを固定することによって弦振動をサドルからブリッジそしてボディへとロス無く伝えるTight-End Bridgeを採用しています。

  • img01

  • img01

    低ノイズ/高出力のデュアル・コイル構造ピックアップ、EMG® 35HZを2基搭載しています。バー・ポールピースを採用しており、バランス良く6弦のサウンドを出力します。

  • img01

  • img01

    ベーシストがアプローチしやすい音作りを心がけ、シンプルな3バンドEQ:EQB-IIIDを搭載しています。