25年前に誕生したSRにより、Ibanezは革新的なベースブランドとしてその地位を確立しました。現在に至るまで、主にアーティストの要望により、SRのフレットレスバージョンも製作してきました。そして今、SRのフレットレスを求めていた全ての皆様のために、フレットレスの進化形とも言うべきベース、SR PortamentoがIbanez Bass Workshopより登場します 。

30フレットまで延長された指板、数年かけてSR Portamento用に開発されたAeroSilkピエゾシステムといった要素が、ウッドベースのようなサウンドを実現し、ソリッドボディベースの新たな可能性を示します。

  • SRF700 BBF
  • SRF705 BBF
  • img01

  • img01

    30フレットのローズウッド材フレットレス・フィンガーボード。ボディ右ホーン部をハイフレット域の演奏性向上のため、従来のSRを基調としながらリデザインすることにより、ウッドベースでしか演奏できなかった音域までカバーできます。

  • img01

  • img01

    ロング・サスティーンと芯のあるトーンを実現する5ピースのメイプル/ブビンガ材のスルーネック構造を採用しています。

  • img01

  • img01

    各弦の出力バランスのばらつきを解消するため、ブリッジ裏には出力調節トリムを備えています。

  • img01

  • img01

    ユニークなABS樹脂製サドルを備えたカスタム・ブリッジにインストールされる自社開発のピエゾ・システムが、あたかもウッドベースのような、アコースティックで暖かみのあるピエゾ・サウンドを実現しています。

  • img01

  • img01

    2基のマグネティック・ピックアップ(Bartolini® MK-1)を搭載、2ボリュームでそれぞれ別個にコントロールでき、HIGH / LOW 2バンドのアクティブEQで多彩なサウンドメイクも可能です。

  • img01

  • img01

    ピエゾ・コントロールはボリュームとアクティブ・トーン。 ピエゾ単独で、じゅうぶんにまろやかかつ甘みのあるサウンド、さらにはトーンの変化をお楽しみいただけます(もちろんマグネティックとのMIXも可能です)。