Electric Guitars

Ibanez j.custom
「厳選された材を用い、日本屈指の熟練クラフトマンが組み上げる、
常に高いプレイアビリティとすぐれたサウンドを追求するギター。」
これこそが、Ibanez j.customの、決して変わることのないコンセプトです。
j.custom その原点
j.customとは何か。 そのことを知るには、j.customが誕生した1996年当時の時代背景を知る必要があります。

90年代はまさしく激動の時代でした。
それは世界的なミュージック・ジャンルの嗜好、生産環境、為替レートといったギター・プロダクションにまつわる、あらゆる変革を迎えた10年であったと言えるでしょう。
それまで大半のギターを国内生産に頼り、そして確立されたジャンルの中で優位性を築いてきたIbanezにとって、この変化は極めて深刻な問題でした。
こうした状況を受け、Ibanezは様々に多様化するギタリストのスタイルや嗜好、要望に応える為のギターを国内工房で作る事を決意します。
それこそ、j.customに他なりません。
これを原点にジャパン・メイド最高峰のカスタム・ギターを目指すj.customの構想が始まります。

受け継がれる思想
j.customのコンセプトは非常にシンプルです。 「厳選された材を使用し、日本屈指の熟練クラフトマンが組み上げる、常に高いプレイアビリティと優れたサウンドを追求するギター」 これは誕生以来、現在でも決して変わることがありません。

そして、このコンセプトの継承によってj.customはハードウェアの改良や各部仕上げの上級化をも成し得ることができたと考えています。
・プレイ・フィーリング向上のためのネック裏塗装とジョイント・ヒール加工
・熟達した職人の手による丹念な指板エッジとフレット・エッジの処理
・極上のウッド・マテリアルと手の込んだインレイ・ワーク
こうしたj.customならではの仕様もまた、誕生して以来の思想が今なお息づいている事の証明に他なりません。
一つの例として、フレット・エッジの球面トリートメントをご紹介しましょう。
j.customのフレット・エッジ加工は97年に取り組みが始まりましたが、安定した生産には難点がありました。エッジの形状とサイズです。
フレットの断面からの傾斜角度と、球面加工後に変化するフレット幅を、最も演奏製が高いと思われる形状とサイズに設計する為、サンプルによる検証は幾度にも及びました。

妥協なき日本のしごと
海外生産されるギターのみならず、通常の国産上位機種とさえ一線を画すギターを目指すj.customには、特別な製造ラインが必要でした。1996年、クラフトマンの中でも精鋭のみによって構成される、長野県塩尻市の工場で生産を始めます。

j.customは外観にもこだわりを込めています。
絢爛な指板インレイは勿論のこと、トレモロやピックアップのキャビティ加工等の細部の見栄えについてもj.customは開発当初から厳しい基準を設けました。熟練のクラフトマンによる「日本のしごと」とも呼べる技により、他に類を見ない美しさを実現しています。
組み込みの精度は外観と同様に、当然の事ながら演奏性にも大きく影響します。 ネックの触感、ジョイント部の形状といった細部にも高い技術を活かしました。
またj.customは、ジャックやコントロールといった、およそ想像のつく全ての接触部に質感とアクセシビリティを追求しています。

至上の弾き心地と、精巧な美しさ
アイバニーズ最高峰のカスタム・モデルである事を証明する為、j.customにはハードカバーに収められた認定書が付属します。 これは「j.customとして造られた」という事を記したものではありません。 そのギターが「j.customと呼ぶに相応しい」と認めた証なのです。

認定書の文末には“maximum playability and exquisite beauty”という一文があります。それはj.customのコンセプトをそのまま象徴する言葉と言えるでしょう。
組み上げから検品までを終えた最終の完成品に対し、認定を行ったスタッフによる直筆のサインを記しています。

生命の樹の種
上質のローズウッドを指板に使用したj.customのポジション・マーク“Tree Of Life”インレイは、旧約聖書に登場する、エデンの園の中央に植えられた「生命の樹」にインスピレーションを受けています。 写真は最初にTree Of Lifeインレイがj.customに採用された時の設計図です。

このインレイにはよく見ると「種」があります。
これはドットのポジション・マーク同様、指板の定位置を示すものです。
美しさだけでなく使用面にも配慮された、j.customならではの細やかな気配りとして、是非知って頂きたいこだわりの一つです。

PAGE TOP