Signature Models


  • JSM100 VT

  • JSM10 VYS
  • Biography

    John Scofieldのギターは70年代後半からジャズシーンに影響を与えており、現在においてもその影響は力強いままだ。独特のサウンドと多様なスタイルを持ち合わせたScofieldは卓越したジャズのインプロヴァイザーであり、その音楽は一般的にはポスト・バップ、ジャズファンク、R&Bなどのいずれかに分類される。
    オハイオで生まれコネチカット郊外で育ったScofieldは、ロック、ブルーズにインスパイアされて11歳でギターを手に取り、その後ボストンのバークリー音楽大学に通った。Gerry Mulligan、Chet Bakerとともにレコーディングデビューを果たした後、2年間 Billy Cobham-George Duke Bandのメンバーを務めた。1977年にはCharles Mingusとレコーディングをし、Gary Burton Quartetに加わった。1978年になるとバンドリーダー、そしてレコーディングアーティストとしてインターナショナルな活動を始める。1982年から1985年の間、ScofieldはMiles Davisとツアーそしてレコーディングを行った。このMiles Davisとの仕事により、彼はプレイヤー、コンポーザーとしてジャズ界の最前線に立つことになる。
    それ以来彼は世界的なジャズシーンにおいて自身のグループを率いて傑出した活動をしており、リーダーとして30枚以上のアルバムをリリースしており(それらの多くはすでに普遍的な傑作とされている)、それらはPat Metheny、Charlie Haden、Eddie Harris、Medeski、Martin & Wood、Bill Frisell、Brad Mehldau、Mavis Staples、 Government Mule、Jack DeJohnette、Joe Lovano、Phil Leshなどの名手たちとのコラボレーションを含む。さらに彼はTony Williams、Jim Hall、Ron Carter、Herbie Hancock、Joe Henderson、Dave Holland、日野皓正など多くのジャズ界の巨匠達との競演やレコーディングをしている。そのキャリアを通じてScofieldは正統的なジャズにファンク寄りのエレクトリックミュージックを織り交ぜている。キャリアの初めから現在に至るまで、かれは音楽に対してオープンなマインドを持ち続けているのだ。
    自身のグループを率いて世界中を年に200日ほどツアーする彼は、ニューヨーク大学の音楽の非常勤講師でもあり、良き夫でもあり、2人の子供の父親でもある。

    PAGE TOP